本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

情報・連絡(事務局)

事務局からの連絡

社会学系コンソーシアム・日本学術会議第13回シンポジウムのご案内

 
 社会学系コンソーシアム事務局から、社会学系コンソーシアム・日本学術会議第13回「メディア学の使命――ジャーナリズム研究からプラットフォーム研究まで」の案内かありました。ZOOMウェビナーで開催されます。参加をご希望の方は、下記のアドレスからお申し込み下さい。 

開催日時  2021年1月23日(土)13:30?16:30
開催形式  オンライン: ZOOM ウェビナー
お申し込み https://zoom.us/webinar/register/WN_hcwyaBqpTd6pQM6dcjAkdA
      こちらより事前にご登録ください。(定員・先着500名)
主催    社会学系コンソーシアム(http://www.socconso.com/)、日本学術会議社会学委員会
問い合わせ 社会学系コンソーシアム事務局 socconsortium@socconso.com

ーーーーー開催趣旨??????
 1990年代以降、ネット革命は社会を変えた。80年代までは、まだ新聞、放送、出版のマスコミ産業が全盛で、ニューメディアといえばCATVが筆頭に来る社会だった。しかし歴史の変化は、90年代半ばから劇的なスピードで進む。それはつまりネット化であり、デジタル化であり、モバイル化であった。今日、世界のITを支配しているGoogleやAmazon、Twitter、FacebookからYouTube までのプラットフォーム企業は、80年代にはまだ影も形もなかった。

 しかし今日、地球社会の未来をこれらの企業抜きに想像することはできない。フェイクニュースやフィルターバブルから電子マネー、オンライン教育等々、メディアはいまだかつてない規模で、私たちの生活に入り込み、社会意識を変え、政治を左右している。だからこそ、この媒介過程としてのメディアを実証的、批判的、理論的、歴史的に探究していく統合的なメディアの学が、今日ほど求められている時代はない。いったい誰が、いかにして、この切実な社会の期待に応えていくことができるのか? 

 この問いを、ジャーナリズムとコミュニケーション、情報、メディアについての専門家たちに投げかけたい。高度にメディア化した21世紀社会における学問的知性をリードする知を、日本マス・コミュニケーション学会や社会情報学会、関連諸学会とメディア企業はいかに協力して担っていくべきなのか。その交点に成立する「メディア学」とは、どのような学であるべきなのかを考える。この問いは、上記の諸学会共通の問いであるのみならず、今日、ネット革命の只中にある新聞社や放送局、出版社、ネット系諸企業が取り組むべき問いでもある。これらのメディア企業が直面している「フェイク」「データ」「権利」「ネットワーク」等々をめぐる問いは、メディアをめぐるアカデミックな知にとっても本質的な問いである。そこでここでは、両者の対話と協力をいかに実現していくのかについても議論したい。


シンポジウム・プログラム
13:30?13:40 開会のごあいさつ
        白波瀬佐和子(日本学術会議会員、東京大学)
        浦野正樹(社会学系コンソーシアム理事長、早稲田大学)
13:40?13:45 趣旨説明 
        吉見俊哉(日本マス・コミュニケーション学会、東京大学)
13:45?15:05 報告者報告
        @メディア学とジャーナリズムの未来     金平茂紀(日本マス・コミュニケーション学会、ジャーナリスト)
        Aメディア学とコミュニケーション研究の未来 辻大介(日本マス・コミュニケーション学会、大阪大学)
        Bインターネット時代におけるメディア学   吉田純(社会情報学会、京都大学
        Cメディア学とオープンデータの間      庄司昌彦(社会情報学会、武蔵大学)
15:05?15:15 休憩
15:15?15:30 討論者コメント
        石田佐恵子(日本マス・コミュニケーション学会、大阪市立大学)
        伊藤守(社会情報学会、日本マス・コミュニケーション学会、早稲田大学)
15:30?16:25 討論
16:25?16:30 閉会のごあいさつ
       有田伸(日本学術会議会員、東京大学)


日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する人文・社会科学系学協会共同声明の発出について


 日本学術会議第25期推薦会員任命拒否の問題に関して、人文・社会科学系学協会が2020年11月6日に共同声明を発出しました。日本村落研究学会も理事会として共同声明に参加しています。

 20201106人文・社会科学系学協会共同声明

【会員の皆さまへ】「会員番号のお知らせ」メールのご確認をお願いします


 新システム(SMOOSY)導入に伴い、会員の皆さま方にはお手数をおかけしております。さて、事務局では皆さまの会員マイページログインに必要な会員番号を通知するメールを、4月2日付でお送りしています(件名:「会員番号のお知らせ」)。まだ本メールをご確認頂いていない皆さまは、至急メールをご確認いただき会員マイページログインの手続きをお願いいたします。会員マイページログインは、ホームページの「トップページ」から行えます。手続きの方法につきましては「ご利用マニュアル」をご参照ください(メールを確認済みでお手続きがまだの方も至急お手続きをお願いいたします)。
 もし、会員番号を通知するメールをお受け取りになっていない方がおられましたら、事務局までお知らせください。なお、ご利用のメールソフトなどによっては、会員番号通知メールが迷惑メールに仕分けされていることもあるようです。メールが受信できていないという方は、お問い合わせいただく前に、一度迷惑メールの受信トレイをご確認ください。

(追記)迷惑メールフォルダに仕分けされるのを防ぐ方法として、指定されたメールドメインを許可する方法があります。会員の皆さまが利用しているメールサービス(Gmail、Outlook、Yahoo!メール等)により方法は異なりますが、送信元となる管理者メールアドレス(sonkennet2020〔at]gmail.com)のドメインを許可していただければ、迷惑メールフォルダに入ることを防ぐことができます。


【重要なお知らせ】新システム(SMOOSY)の運用を開始しました


 以前お知らせいたしましたとおり、2020年4月1日からSMOOSY(スムージー)というクラウドサービスの運用を開始しました。今後、「名簿管理と会費管理」は原則としてこちらのシステムにて行います。会員の皆さまはには、順次、事務局より会員番号を通知するメールをお送りいたします。会員番号を確認された方は、トップページ右上にあります「会員マイページログイン」をクリックしていただき、お手続きをお願いいたします。なお、お手続きの方法につきましては同じくトップページ右上にあります「ご利用マニュアル」をご参照ください。また、入会申請につきましても同様のシステムを用いて行います。詳しくは「入会案内」をご覧ください。

*2020年4月1日から2日にかけて、「ご利用マニュアル」が上手く表示されない問題が発生していました。申し訳ございませんでした。現時点で問題は解消されております。

  • 【重要なお知らせ】会費支払い方法と登録情報の変更について:4月から新システム(SMOOSY)に移行します

日本村落研究学会では2020年4月1日より、SMOOSY(スムージー)というクラウドサービスに「名簿管理と会費管理」を移行します。このため2020年度の会費納入については、システム運用開始後にご案内申し上げます。

 SMOOSYへの移行ポイントはふたつ

@ 会員ごとに「マイページ」を設定

 プロフィール情報(所属先、住所、メールアドレスなど)をご自分で修正していただくことにより、会員名簿への変更情報が即座に反映されるようになります。

A会費は銀行口座への振り込み(バンクチェック払い)に変更

 会費は「マイページ」に表示される振込口座にお振込みいただきます。請求書と領収書は「マイページ」からダウンロードでき、会費の納入状況もご自分で確認できるようになります。

 SMOOSY稼働のカギはメールアドレス

 SMOOSYのログインIDは、メールアドレスもしくは会員番号(運用開始前に通知)を使います。このため1月上旬にメール登録をされている会員に「メールアドレスの確認」メールをお送りしました。一部エラーになったアドレスがあります。このメールを受け取られていない方は、下記までメールをお送りいただきたくお願い申し上げます。

村研事務局:sonkennet2020[at]gmail.com
*[at]を@に変更してください


※メールを利用されていない会員には、これまでと同じに「郵便振替口座」を通じての会費納入をお願いいたします。変更はご ざいません。SMOOSYシステムへの移行はいつでも可能です。その際はメールアドレスを上記アドレスまでお知らせください。

 本件につきまして「研究通信 No.257」に案内を同封いたしております。新システム導入の経緯等につきましては、そちらをご覧ください。また、新システムの利用マニュアルを作成中です。近日中に本HPにて公開予定ですので、しばらくお待ちください。


災害・事故等に伴う学会費の減免措置について

本学会では、災害、事故などで多大な被害を受けた会員について、本人の申告に基づき、理事会の審議を経て学会費の減免措置(全額または半額)を講ずることができます。措置は原則単年度とし、必要に応じて延長できます。該当する方は事務局にお申し出ください。

学会の口座をご利用ください

会費納入の際にご利用いただきたく、ご案内申し上げます。口座記号番号および口座名は、以下のとおりです。

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)

新刊書をお知らせください

会員の新刊書コーナーを、本ページ下部に設けておりますので、当該の会員は事務局まで御連絡ください。

住所変更の届出をお願いします

入会案内

日本村落研究学会では、2020年4月1日よりSMOOSY(スムージー)というクラウドサービスを導入いたします。入会をご希望の方は、SMOOSYのご利用マニュアルをご覧いただき、入会申請ページから手続きを行っておください。

ご利用マニュアル(PDFファイル)

入会申請ページ(SMOOSYの入会申請ページが開きます)

なお、上記の入会申請の手続きにご不明な点がございましたら事務局までご連絡ください。

年会費:正会員
8,000円、院生会員5,000円

情報・データベース等

会員の新刊書

こちらをご覧ください。

ブックレビュー

こちらをご覧ください。

「研究通信」データベース

本学会機関誌「研究通信」の第1号(1953年)から第200号(2001年)までをデータベース化いたしております。
こちらからご利用ください(外部リンク)。

座談会「村研50年の歩みを振り返って」

「研究通信」データベース化事業を記念して、村研の歴史を振り返りつつ、今後のあるべき姿を展望する座談会を2006年10月に開催しました。ジャーナル26号、27号に掲載された記録を、ここに再掲いたします(PDFファイル)。
)(


「むら研究会」基金 若手研究活動補助制度

H31/R1会計年度若手研究活動補助の公募について

こちらをご覧ください。

バナースペース

日本村落研究学会事務局

学会事務局
〒819-0395
福岡県福岡市西区元岡744 九州大学 人間環境学研究院 山下亜紀子研究室内
TEL: 092-802-5178
e-mail:akiko-y8〔at〕lit.kyushu-u.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)