本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

「むら研究会」基金について

基金の趣旨

 むら研究会とは、1975(昭和 50)年に同志社大学の松本通晴先生の発意と呼びかけのもと設立され、1990(平成 2)年まで活動されていた会です。このたび同会会員の方々より、会の意図を生かし、今後の「むら」研究の存続と継承的発展 をめざすために、残った研究会資金を日本村落研究学会に寄付したい旨のご提案がございました。
 そこで学会としましては、ご寄付金をもとに「むら研究会」基金を設立し、今後の若手研究者の育成及び研究交流のために有効活用することに致します。
 本基金の設立と運用の詳細については、下記リンク先のファイルをご参照ください。

「むら研究会」基金運用規則

若手研究活動補助制度

 「むら研究会」基金運用規則のもと、学会では「むら研究会」基金管理委員会を設けております。同委員会は、下記の要領ならびに細則を策定し、基金の管理運営に携わっております。

若手研究活動補助執行要領
若手研究者の学会に係る研究会合参加に要する経費の配分執行細則

「むら研究会」基金管理委員会(H30〜31会計年度)
秋津 元輝(京都大学)、福田 恵(広島大学)、越智 正樹(琉球大学)、佐藤 真弓(農林水産政策研究所)、芦田 裕介(神奈川大学)

R2会計年度若手研究活動補助の公募

(R2年6月29日更新)
見出しのとおり、若手研究活動への補助につき公募を執り行います。

補助の対象となる期間:R元年11月11日〜R2年11月22日
※ただし今年度は、学会大会がオンライン開催されることを受け、「自由研究活動」(「執行要領」第3条第2号(2))のみの公募といたします。

申請書提出先:越智 正樹(mochi[at]tm.u-ryukyu.ac.jp) (「むら研究会」基金管理運営委員会)
提出締切:R2 年8月31日(月)
問合せ先:越智 正樹(同上)
詳細は下記の公募要領ならびに申請様式をご覧ください。

R2会計年度公募要項
R2会計年度申請書(別紙様式1)

バナースペース

日本村落研究学会事務局

学会事務局
〒819-0395
福岡県福岡市西区元岡744 九州大学 人間環境学研究院 山下亜紀子研究室内
TEL: 092-802-5178
e-mail:akiko-y8〔at〕lit.kyushu-u.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)